造花で作るフラワーリース

造花でフラワーリースを作る

手作りするのが好きなかたでしたら、造花を作るのもとても楽しいと思います。
造花が上手に作れれば、それで作ったたフラワーリースもとても美しいものになります。

 

まず、造花なら生花のように数日で枯れてしまわないのが良いですね。
フラワーリースを生花でどんなに上手に作ったとしても、それがひと月ももつことはありません。

 

一方、造花で作ったフラワーリースは、きちんと手入れさえすれば、何年も美しいまま使えます。

 

造花より生花を好む方が多いようですが、造花ならではの良さもちゃんとあります。

 

プリザーブドフラワーも非常に長持ちします。
しかし、大変デリケートに作られている為、花の掃除などはけして簡単とはいえません。

それに比べて最初の美しさを一番長く、

綺麗に保ち続けてくれるのが造花でしょう。

また、フラワーリースを作る時、生花やプリザーブドフラワーと異なり、多少手荒に扱っても花弁が取れてしまうこともありませんし、茎が折れてしまうこともなく、何ら支障ありません。

 

フラワーリースを手作りする時には、花を挿しこむ時の向きなどもとても重要です。
造花ならば、茎部分をねじることが可能なものもありますから、アレンジも幅広く可能になります。