セピアカラーのドライフラワーの作り方ほか

セピアカラーのドライフラワーの作り方

フラワーリースを自分で作る場合、カラフルで華やかなものが好まれますが、
時には枝の茶色を強調したり、ドライフラワーのセピアな感じをメインにすることもあります。

セピアカラーも、たいへん味のある素敵なフラワーリースです。

 

アンティークな家や部屋には、フラワーリースもそんな感じのものがぴったりです。
また、カントリー調の家や部屋にも非常によく似合います

 

ドライフラワーを新鮮な生花から作ると、色もかなり鮮やかなまま完成いたしますので、赤やオレンジ、ピンクなどもとても綺麗に出すことが出来ます。パッと見では生花と変わらないくらいカラフルで美しいリースを作ることもできます。

 

また、セピアカラーをドライフラワーをメインにして、アクセントとして色味を効かせるのもけっこう素敵です。

 

セピアな感じのドライフラワーを作りたい時には、それほど新鮮な花でなくとも大丈夫ですが、吊り下げる時点で、既に開ききった花を使用するのはあまり勧めません。

 

つまり、吊り下げて乾燥させている間でも、花はまだ生きていますので成長が進んでしまい、やがてしぼんだりくたびれた感じになるなどするからです。

完成品にセピア色を強調したい時は、

最初から黄色系やオレンジ系の花を選ぶのが効果的です。

 

また、日光を当てると花の色が褪せてしまう為、普通は避けますが、敢えて少しの間、日光にさらしてみるという手法もあります。いろいろな手段を試しているうちに、お気に入りのドライフラワーを作れるようになるでしょうし、手作りしたドライフラワーなら、なおさらリース作りも楽しくなるでしょう。

その他の生花の乾燥方法

ご自身で手作りするドライフラワーは、先に説明した自然乾燥で上手に出来ると思います。
一般的にその方法のことをハンギング法と言います。

ドライ・イン・ウォーター

その他の自然乾燥の方法として、花瓶などに飾ったまま、乾燥させてゆく方法というのもあります。
この方法を、ドライ・イン・ウォーターと言います。

 

この方法は、ハンギング法よりもさらに簡単に感じますが、実は一般的な花では花瓶に挿しているうちに、しおれて枯れてしまう為、あまり向いていません。この方法が向くのは、かすみ草やアジサイなどです。

 

こうした花は、花瓶の水を少量にして、普通に飾っておくだけで、けっこう綺麗に乾燥してきますので、生花を楽しみつつドライフラワーが作れるという点で、非常に良い方法です。

 

しかし、この方法もやはり湿度に左右されますから、仕上がり具合は毎回同じというわけにはいきませんのでご注意ください。

ワイヤリング法

ワイヤリング法という自然乾燥法もあります。
この方法は、とてもデリケートで弱いお花向きの方法です。

 

弱い茎部分をほとんど切ってしまい、ワイヤーを刺し込んで乾燥させます。
茎がワイヤーですから、フラワーリースを手作りする時には、とても扱いやすいというメリットはありますね。

 

その他、薬品を使用したドライフラワーの作り方もありますが、一般にはあまり必要ないと思いますので割愛致します。

 

以上が、ドライフラワーから自分でフラワーリースを作る手順です。