プラスαの飾り付けと総仕上げ

プラスαの飾り付け

そろそろオリジナルの素敵なフラワーリースが出来あがりましたか?
ここでは、最後の飾り付けとして相応しい物をご紹介いたしましょう。

 

先に小物類を使った飾り付けを説明しましたが、それを一切使用せずに、全て植物のみで手作りしたい方もいらっしゃいます。そのような方は、どのように飾り付けを考えているのでしょう。

 

この最後の飾り付けは、なくても良いものでもありますが、シンプルなリースであればあるほど、最後のちょっとしたこの一手間で随分とリースが華やいだり、引き立ったりするものです。

 

植物のみのリースをご希望であれば、最後にワイヤープランツをいくつか挿し込むととてもお洒落です。

ワイヤープランツというのは、細かい枝から、小さな可愛らしい葉が生えている、とても清楚な可愛らしい植物です。
時に、小花を咲かせてくれるワイヤープランツもあり、フラワーリースにプラスαの楽しみを与えてくれます。

こうした方法は、植物だけで作った時に、何かちょっと物足りない・・・などという時に、非常に重宝します。

 

手作りなら、あなたのアイディアひとつで、どのようなリースでも作ることが可能です。

 

ここまで読み進めて、如何でしたでしょうか?
まだ作っていないというあなた・・・そろそろ作ってみたくなりませんか?

フラワーリース完成の総仕上げ

手作りしたフラワーリースも、そろそろ仕上げの段階です。
最後の仕上げでは、全体を見回して花の大きさや色を見て、バランスの悪さを調整します。

  1. 目の前に自分で作ったフラワーリースを置いて全体を見回します。
  2. 距離を置いて、遠目に見ておかしなところはないかと見てみます。

 

自分以外の家族や、訪れてくれるお客さまにとってフラワーリースは、心温まるおもてなしの飾り付けとなるものです。一般的には、フラワーリースにわざわざ顔を近づけてチェックすることもないと思います。しかし、手作りのリースと分かった途端に興味を示して、よく見ようとする方は多いはずです。

 

ご自身でも作ってみたいと思っている女性は多いですから、構造はどのようになっているのか・・・など、案外、軽い気持ちでひっくり返すなどして、細かい点を見る方もいらっしいます。

そんな時に気をつけておきたいところは・・・

リース台が見えている部分がないかどうか・・・でしょう。

華やかなフラワーリースも、リース台が見えているとちょっと残念な気持ちになってしまいます。
こうした表面的には気にならなくても、裏面や細部までチェックしていきたいものです。

 

また、最初の段階で、リース台が見えないほどに葉物の植物を挿し込みますが、その後、さらに他の植物を加えていく途中で、予期していなかった隙間が出来てしまうこともあります。
最後のチェックでは、必ずこうした不具合をチェックしていきます。

 

また、正面からの見た目の調和が重要ですが、出来れば花や葉物のボリュームでサイドも隠れるようにした方が、より良い物になります。

プラスαの飾り付けと総仕上げ関連ページ

どんな材料でフラワーリースをつくるのか
新郎新婦への結婚プレゼントに、新居にぴったりの枯れないプリザーブドフラワーをご紹介
フラワーリースの台や工作道具
フラワーリースを造りにあたって必要となる台や材料をご紹介
フラワーリース購入と制作テクニック
フラワーリース購入の進めと制作時のコツなどをご紹介
小花類の使い方、大花の挿し方
フラワーリース作成過程での小花類の使い方、大花の挿し方をご紹介
大花の挿し方と小物の飾り付け
フラワーリース制作の大花の挿し方と小物の飾り付けの方法をご紹介