リースに込められた意味

リースに込められた意味

誰かにフラワーリースをプレゼントする為に作っている時、このリースにメッセージが込められたらいいのに・・・そす考えたことはありませんか?

 

使用する花の「花ことば」で、メッセージを伝えることも出来ます。
また、フラワーリースとともに、自分で手作りしたメッセージカードを添えるなどすれば、もっと明確にメッセージを伝える事が出来ます。

実は、もともとリースというものは、様々な意味を込めて飾ったものです。

手作りしたリースの素材、そして色・・・それらに意味を込めたわけです。

 

例えば、クリスマス用のリースであれば、必ずといって良いほど、常緑樹を使用します。
これは寒い冬であっても、葉が落ちることなく実を実らせるということから、「永遠の命」を表しています

 

また、クリスマスの殆どのリースは、赤い実や赤いリボンが飾りとして付けられています。
これはイエス・キリストの血の色を表しています。

 

イエス・キリストは、人間の罪を救うために血を流したわけです。
そこで、クリスマスのリースには赤が必要だということでしょう。

 

リボンやその他の飾りに、金色や白色も使用されています。
金色は希望を表現した色であり、白色は心の清純さを表現しているのです。

 

クリスマスに使われるこれらのカラーには、ちゃんとした意味があるというわけです。

 

リースの形にも意味があります。
円形は、永遠や不滅を表していると言われます。
それがつまり、私たちの幸運や幸福のお守りと言われる所以なのでしょう。

 

また、欧米などではドアにリースを飾っているご家庭も少なくありません。
特に、冬のドアリースは尖った葉を使用し、香り高い植物を使用することが多いようです。
これは「魔除け」のためのようです。