お正月にフラワーリースを

お正月にもフラワーリースを

我々日本人が、現在、リースをもっとも多く利用するのは、やはりクリスマスです。
欧米の習慣であったリースをうまく取り入れて、クリスマスを上手に演出しています。

 

ドアや門にリースが飾られているだけで、そこをただ通り過ぎる人でさえも、クリスマスの気分になってとても幸せな気持ちになったりします。

 

そのリースですが、お正月に飾っている家庭は、まだ非常に少なくてとても残念です。

 

お正月には、門松やしめ飾りを飾るのが一般的ですが、これは古くからの日本の習慣ですので、そう簡単に止めることも出来ないと思います。ですから、これの他にフラワーリースを飾ってみたら良いのです。

 

手作りでしたら、いくらでも和風のフラワーリースを作ることが出来ます。

 

まず、花は、和風のものを選びます。
そして、彩りも和を感じさせるカラーがいいですね。
また、洋風の花の中にも、和を感じさせるアイディアはたくさんあります。

 

例えば、材料として、しめ縄リースというような名前で販売もされていますので、リースの円形部分をそのしめ縄のような縄で作るだけでも、あっという間に和の雰囲気になります。

 

そして、お正月にフラワーリースを使う場合には、リボンなどの装飾品を紅白にするといいですね。

 

ちょうど、グリーンと赤でクリスマスの雰囲気が出るのと同じで、紅白を使用するとお正月の雰囲気に近づきます。

 

ネット上には参考になるフラワーリースがたくさんあります。
次のお正月からは、ぜひ手作りしてみて下さい。