プリザーブドフラワーとは

プリザーブドフラワーとは

プリザーブドフラワーですが、これはどのようなお花であるのかご存じでしょうか?
歴史的には、ドライフラワーよりもずっと新しいものですから、ご存じない方も案外、多いかもしれません。

 

そこで、プリザーブドフラワーが、どのように作られるかについて説明いたします。

 

簡単にいいますと、プリザーブドフラワーは、
生花を薬品などによって生花のままであるように見えるように保存したものを言います。
生花ではなくなってしまったのに、見た目は生花そのもののみずみずしさも残すような技法です。

 

それでいて、長期の保存が出来ますので、近年、花の贈り物としてはとても人気が高まっています。

 

生花に見えるのに、非常に長持ちする・・・
つまり、プリザーブドフラワーも手作りのフラワーリースには、ピッタリの花ということになります。

 

このプリザーブドフラワーですが、手作りしなくても既製品としてちゃんと販売されているのです。
しかし、あなたご自身でも作ることが出来るようになると、花好きな方でしたら、ご自分のお気に入りの花をたくさんプリザーブドフラワーにしてみたくなります。

 

花に好きな色を付けることも可能ですから、実際には存在しない青いバラなどを作ることも出来ます。
そんな楽しみがあるのがプリザーブドフラワーです。

 

プリザーブドフラワーが作れるようになって、青いバラの混じったフラワーリースをサプライズでプレゼントしてみたいと思いませんか?